岡山市で不妊・子宝の漢方相談は昭和48年創業『薬屋ふくべ』にお任せください。
RSS | ATOM | SEARCH
切なる願い

 こんばんは店長です

状況を受け入れることって大切ですよね

 

「もっと資金があったら…」

 

「田舎じゃなくて都会に住んでいたら…」

 

そんなこと言っててもしょうがない

グダグダ言う前に出来ることをやるべきでしょう

 

しかし逆に受け入れすぎも良くない場合があります

 

「子どものカゼで病院ばっかり…」

 

「言ってもお菓子ばかり食べちゃって…」

 

こんなのが受け入れすぎの一例

 

カゼを引かんようにしよーや

 

ゆーて無理なら体を張って止めよーや

 

岡山弁でナチュラルに提言させてもらいますよ

結局ね、面倒なんですよ、親が

 

わたしも幼少期にはカルピスやお菓子にまみれた生活で

それはそれは現在進行形で手入れが必要な体質となっています

 

それで以前、父親に尋ねてみたんですよね

 

「なんでカルピスとか飲ませよーたん?」

 

って

 

そしたら、

 

「だって泣きやむんじゃもん」

 

ですって(笑

 

当然ですが子どもは自分で飲食物を選べません

自らの判断基準は美味しいか、美味しくないかだけです

 

もっと言えば甘いか、甘くないか

 

たまにジュースやお菓子を与えるのはいいと思いますよ

しかし甘い物を与えることだけが甘やかすことではありません

 

どうぞ、どうぞ、愛するお子さまのことを思うのであれば

 

一時の情(あるいは面倒)に流されることなく

 

親の心身をもってして存分に甘やかしてあげてくださいね

 

身体づくりの土台は胎児期から幼少期でほぼ決まりますよ

健康か、不健康か、一生を左右する大問題なのです

 

ま、それはそれで学びの糧ともなるわけですが(笑

 

----------

友だち追加

薬屋ふくべのホームページ

美と健康』『不妊治療・妊活情報』ぜひご覧ください

☆楽になる楽しい薬屋☆

薬屋ふくべ

岡山市南区浜野4-3-5 TEL:086-264-0576

定休日:日曜・祝日 営業時間:9:00〜19:00

author:店長, category:健康, 18:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:18
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://fukube.jugem.jp/trackback/2205