岡山市で不妊・子宝の漢方相談は昭和48年創業『薬屋ふくべ』にお任せください。
RSS | ATOM | SEARCH
PROFILE
薬屋ふくべ店主
服部雄志(はっとりゆうじ)
国際中医師・望診法指導士・子宝カウンセラー・登録販売者・Jr.オイスターマイスター・カラーコーディネーター

岡山県岡山市生まれ。岡山県立岡山芳泉高等学校卒業。中医学アカデミー卒業。

幼少期よりアトピー性皮膚炎、ぜん息を発症し大学病院や個人クリニックなどあらゆる医療機関を受診するが改善せず。
持病が原因で壮絶な虐めを受けふさぎ込むが、自己の内面と向き合った結果、それまでの反動で芸人を目指し松竹芸能入社。

しかし22歳のとき母親が交通事故で他界。家庭の事情で松竹芸能を退社し昭和48年創業である家業の薬店を継承。

自身の体験を基に、患者に応じたオーダーメイドの生活術は好評を博しサプリメント部門の売り上げは2年の内に倍増。

社会情勢から相談のニーズが徐々に不妊相談に特化してくる。

2011年テレビ番組で助産師の寺田恵子先生のをこと知り、いのちの尊厳を啓蒙することに開眼。
2012年より寺田先生とコラボしたいのちの授業を毎年開催し、参加人数は1000名を超えた。

店頭では全国的に珍しい男性子宝カウンセラーとして患者さんの悩みに耳を傾ける日々。
不妊治療で身も心も凝り固まった患者さんを松竹芸能で培ったトークでほぐし、お帰りになるまでには必ず笑顔になってもらうことに心血を注ぐ。

お客さまからは毎月、赤ちゃん誕生の声が届く。

無排卵の患者さんはクスリを使わず3ヶ月で15キロ減量し、生理が再開。
また、残存卵子数ゼロと言われた患者さんを妊娠・出産に導くなど劇的な例も。

「ふくべさんと出会えてよかった」「これからも一生お付き合いお願いします」
など通常の不妊相談を超えた枠での拡がりもみせる。

産んでよかった・生まれてきてよかったと思える環境と社会づくりをライフワークとしており、その活動の公共性の高さから岡山ESD参加団体として認定されている。

このブログでは、薬屋ふくべ店主・服部雄志が日々感じたことや、お店での出来事などを綴っていきます。
ブログを通じて、皆様に当店がより身近に感じてもらえれば幸いです。


じっくりとご相談できます

−−−−−

☆楽になる楽しい薬屋☆
『薬屋ふくべ』
岡山市南区浜野4丁目3−5
TEL:(086)264−0576
mail:fukube-box@comet.ocn.ne.jp